『函館漢詩文化会』例会のお知らせ

『函館漢詩文化会』通算第147回のお知らせです。
三月十六日土曜日の午後一時半から本町会館の三階大広間にて開催いたします。
三月より時間・場所を変更いたしました。お間違えのないようにお願い致します。
二月例会では「玉虫拙斉」の漢詩を会員の皆様と鑑賞・勉強しました。三月もお楽しみに。
尚、当会では李白・杜甫のようにおなじみの漢詩・詩人の勉強と箱館奉行所が有った当時の漢詩人についても研究しております。杉浦誠(梅潭・ばいたん)に関しては時間を十分かけて皆さんと勉強しました。
当会では会員以外の方々の体験入会も随時歓迎いたします。お気軽にご参加ください。箱館奉行所復元記念の無料公開講座も不定期ですが開催いたします。あらためてお知らせいたします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/85574714

この記事へのトラックバック

詩経―中国の古代歌謡 (中公文庫BIBLIO)
Excerpt:  中国で最も権威ある古典として重んじられてきた『詩経』、日本人にはとっつきにくいものとみなされてきたが、本書で『万葉集』との比較の観点から、見事に復活させた。『詩経』と『万葉集』とは民謡から展開した歌..
Weblog: はるかの部屋
Tracked: 2008-02-23 11:50

曹操―三国志の奸雄 (講談社学術文庫)
Excerpt: 曹操の人生はもちろん、戦乱直前の後漢(曹操の祖父・曹騰が活躍していた頃)、曹操の遺した詩(全てではないですが)を紹介・解説しています。「演義」では悪役扱いされている曹操ですし、実をいうと「正史」で彼が..
Weblog:
Tracked: 2008-02-26 10:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。