文林館のご紹介

文林館は北海道函館市本町にあります。貸しギャラリーです。
絵画・刺繍・染色・織物・ガラス・紙細工・写真はじめミニコンサートなどでもお使いいただけます。このほか、使い方は皆様が自由な発想でお考えください。
地方文化の発展のお手伝いがしたいと思います。
3月2日(日)〜23日(日)まで『記憶に染みついた心の風景』〜阿部雅一 道東・北大の写真展〜を開催します。
阿部さんは函館中央病院で内科科長・外来化学療法センター長をされている現役医師です。「人は誰でも忘れることのできない心の風景を持っており、折りに触れ、よみがえってきます。私が学生時代に光、風、音を通して自然の美しさと命の輝き、そして生きていることの喜びを感じ、今でも鮮明に記憶に残る『心の風景』の一部をご紹介させていただきます」

『函館漢詩文化会』例会のお知らせ

『函館漢詩文化会』通算第147回のお知らせです。
三月十六日土曜日の午後一時半から本町会館の三階大広間にて開催いたします。
三月より時間・場所を変更いたしました。お間違えのないようにお願い致します。
二月例会では「玉虫拙斉」の漢詩を会員の皆様と鑑賞・勉強しました。三月もお楽しみに。
尚、当会では李白・杜甫のようにおなじみの漢詩・詩人の勉強と箱館奉行所が有った当時の漢詩人についても研究しております。杉浦誠(梅潭・ばいたん)に関しては時間を十分かけて皆さんと勉強しました。
当会では会員以外の方々の体験入会も随時歓迎いたします。お気軽にご参加ください。箱館奉行所復元記念の無料公開講座も不定期ですが開催いたします。あらためてお知らせいたします。

函館漢詩文化会公開講座のご報告

昨日11月19日(日曜日)午後1時より函館市内本町会館二階大広間にて無料公開講座が開催されました。今回の講座は箱館奉行所復元記念の文化的活動の一環で開催されています。奉行所ではどのような人々が活躍していたのか、桜田門外の変で大老井伊直弼が襲撃され殺害されますが、首の無い死体にお見舞いに行った老中は・・・などなど箱館と関わりのある人物が講演で登場します。
尚、12月15日(土曜日)の午後1時からは当会の忘年会(別歳会)があります。場所は函館市内本町の本町会館3階大広間です。食事・お土産・消費税等全て込みで会費は1千円(1000円)です。当日お支払いください。会員のお友達も、そのまたお友達も歓迎いたします。出席を希望される方は予めご連絡下さいます様に。宜しくお願い致します。

文林館のご紹介

文林館は北海道函館市本町にあります。
貸しギャラリーです。絵画・刺繍・染色・織物・ガラス・紙細工・写真はじめミニコンサートなどでもお使いいただけます。このほか、使い方は皆様が自由な発想でお考えください。
地方文化の発展のお手伝いがしたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。